×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 燃費向上・節約運転 ≫ トラック、他県ナンバー後方走行
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
街で見かけるトラック、他県ナンバー後方走行
物流業界が盛んになって、高速道路や国道を走れば必ず見かけるようになったトラックなどの大型車両ですが、トラックの後ろを走行するなんて「百害あって一利なし」です。

今回なぜトラックの後ろを避け運転した方がいいのかを、「燃費向上・節約運転」に照らし合わせて説明していきたいと思います。




<ブレーキパッドの消耗が早い>
トラックの後ろを走行していると前方の視界が極端に悪く(狭く)なります。

これではトラックの前方を走行している車の動きがわかりませんし、先の信号が赤なのか青なのかもわかりません。

つまり前方から得られる情報は、トラックの「テールランプ」と「動き」だけに限定されてしまうのです。


そのためトラックのブレーキに合わせてブレーキを踏まなくてはいけませんし、トラックがエンジンブレーキを使えば、車間距離を維持するためにブレーキを踏まなくてはなりません。


ブレーキとエンジンブレーキを同時に使い信号停止された場合には、後ろの普通乗用車は普段より強い力でブレーキを踏まなくてはいけません。
強くブレーキを踏んではブレーキパッド節約になりません。
(注意※1)




<エアクリーナーが汚れる>
トラックの多くはトルク重視のディーゼルエンジンを使用しています。

ディーゼルエンジンから排出される黒鉛によって、後方、又は右側を走行中の車のエアクリーナーが汚れ使用期間を短くします。

また車内への空気にフィルターを通している場合には、車内用のエアフィルターが汚れ寿命を短くしてしまいます。
(余談※1)

これでは消耗部品の節約にはなりません。




<ボディーにキズ>
大型トラックともなるとタイヤも大きく作られており、ゴムも硬く溝も深く広く作られています。

そしてその車両重量とタイヤの作りから道路に落ちている小石などがタイヤに詰まる(埋まる)ことが多く、走行中ごくまれに泥除けの隙間から小石が後ろに飛んでくることがあります。


「タイヤの遠心力から外れた小石」 + 「前に走行している後続車」


これらの力が加わり小石は「車にキズ」をつけるほどの力を得て、ときには「フロントガラスにキズ」をつけることもあります。
(注意※2)



上記に記載した内容から、「無駄な消費、出費」を避けるために、大型トラックの後ろを走行するときは「長く車間距離をとる」か、「別の斜線に移動する」ことをオススメします。




<他県ナンバー>
ドライブ旅行をしたことがある方は思い当たる節があるのではないでしょうか。

知らない道でスピードを出すのは難しく、ましてや右左折の指示があればスピードより目的の交差点を探すことにいっぱいいっぱいになります。

それに知らない街、綺麗な景色であれば周りを楽しみたいものです。

また、コンビニやガソリンスタンドがどこにあるかわかりません。
知らない街だと、たとえ反対車線でも必要に応じて行かなくてはなりません。


そのような車の後ろを走行していたのでは目的地まで時間がかかりますし、急に変な動きをしてこちらが危険な目にあうことだってあるかもしれません。


他県ナンバーの後方を走行するときは、トラックと同じように「長く車間距離をとる」か、「別の斜線に移動する」ことをオススメします。



メニューリスト
カテゴリー
インフォメーション
余談
※1、車内用のエアフィルターは各社呼び名が違います。
記載内容のトラックの排気ガスで汚れるというのは、車内の空気の流れを外気導入にしているとき場合に限ります。
注意
※1、ブレーキパッドなどの消耗部品は、急ブレーキなど強い力でペダルを踏むと消耗が激しく、逆に弱い力でブレーキを踏み続ければブレーキパッドの消耗は遅くなります。

※2、フロントガラスのキズ(穴、ヒビ)は、そのままの状態で走行を続けるとヒビが広がったりします。
また、安全性の問題から車検に通ることができません。

※、「交通ルール」「運転マナー」を守って無理のない運転を心掛けてください。
危険を伴う運転は「トラブル」「事故」等の原因になりかねません。
当サイトは記載内容による「トラブル」「事故」等の責任は一切負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング