×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 燃費向上・節約運転 ≫ ブレーキテクニック
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
運転技術向上のブレーキテクニック
車に必要な三大要素と言われているのが「走る」「曲がる」「止まる」です。
この三大要素がなければ道路に出て安全に運転できることはできませんし、そもそも運転することも難しいでしょう。

そして運転テクニックの三大要素となるのも「アクセルワーク(走る)」「ハンドリング(曲がる)」「ブレーキング(止まる)」です。
(余談※1)


今回はその中から私なりのブレーキングテクニックと、維持費を節約するための極力ブレーキパッドを消耗しない運転術を紹介します。
(注意※1)




<節約ブレーキテクニック>
節約ブレーキキングのコツは「早く」「長く」「一定」が必要不可欠です。


<早く>
早くとは、「信号」や「前車」の動きを予測して「ブレーキが必要かどうか」早い段階で判断する必要があるということです。

どのようなシチュエーションでも、ブレーキを踏むのが遅ければそれは急ブレーキに近くなってしまいます。
(注意※2)

早い段階でブレーキの必要性に気づけば、後々色々な対象方があります。



<長く>
長くとは、「信号」や「前車の動き」などで止まる必要がある場合、普段より長くブレーキを踏むということです。

普段の感覚でブレーキを踏んで任意の位置に止まることは簡単です。
しかし、早い段階でブレーキを踏み長い距離を使って同じところに止まる場合とでは、停車までのブレーキ力(制動力)に必要なエネルギーが違ってきます。


人間も急な動きには足に大きなエネルギー(負担)が必要となります。
車も急ブレーキになると大きなエネルギー(負担)が掛り「ブレーキパッド」や「タイヤ」の消耗を早めてしまいます。

長くブレーキを踏むということは、できるだけエネルギーを消費せず急ブレーキにならないよう(急ブレーキから遠のくよう)に回避しています。

そして長くなったブレーキ距離(制動距離)によってブレーキに必要なエネルギー(力)が弱まり、ブレーキパッドへの負担が少なくなることからブレーキパッドの消耗スピードが遅くなります。



<一定>
一定とは、ブレーキを踏み始めてから止まるまでの間、ブレーキを踏んでいる力(制動力)を一定に保つということです。


ブレーキパッドなどのブレーキ関係の消耗部品はブレーキの効き始めの消耗が激しく、特に一番最初にあたる所「あたり面」の消耗がもっとも激しいです。

ブレーキを一定に保たず「踏んだり」「放したり」を繰り返していると、当然のことながらブレーキパッドのあたり面が消耗してしまいます。
(余談※2)

上記を回避するためにも、ブレーキの力を一定に保つ必要性があります。


どんなに「早く」「長く」ブレーキを踏んだとしても、ブレーキパッドなどを消耗してしまっては節約ブレーキテクニックの意味がありません。
後ろの車にも迷惑がかかりますし、無駄な振動が増え乗り心地が悪くなります。


ブレーキを踏み始めてから「一定」に保ち、狙った位置に止まれるようになれば完璧です。
これは意識して練習すれば誰でもできるようになるので頑張ってください。




<ブレーキテクニックのまとめ>
今回のブレーキテクニックで理想となるブレーキングは、「早い」段階でブレーキの必要性を見極め、できるだけ「長い」距離を使ってのブレーキング。
そしてブレーキ力(制動力)を「一定」に保ち、狙った任意の位置にピタリと車を止めることができるようになることです。
(余談※3)

「ブレーキ関係」「タイヤ」などの消耗部品の消費を減らす「節約」で、当サイトが推奨する「節約運転」となります。


今回のブレーキテクニックは、他のメニューリストで紹介された運転方法と組み合わせて使うことで「運転テクニック向上」と「消耗部品の節約」効果がアップすると同時に「燃費向上」にもなります。



メニューリスト
カテゴリー
インフォメーション
余談
※1、私なりの運転三大要素なので正しいかはわかりません。
しかし運転テクニックを上達させるためのコツを少しでも理解してもらえるとありがたいです。

※2、整備士がブレーキパッドの点検で重点的に行うのがこの「あたり面」です。
あたり面から早く削れるような運転を続けていると、ブレーキパッド全体を見たときにあたり面だけが先に消耗していたり、ブレーキパッドが斜めに削れていたりします。
基準値以下のブレーキパッドは交換の対象になるので節約にはなりません。
こういったあたり面が先に消耗しているブレーキパッドを時々見かけることがあるので、運転に集中してこのようなブレーキパッドを作らないブレーキングを心がけてください。

※3、制動力を「一定」に保つだけでも、ドライバー本人も気づかない振動を消し去り同乗者に「運転が上手」だといわれるようになります。(経験済み)
さらに運転技術向上を目指す方は、信号などで止まる際に助手席に気づかれないほどの力でブレーキを徐々に踏み始め、弱い力で狙った位置に止まれるようになると完璧なのではないでしょうか。
注意
※1、「運転が上手になりたい」「みんなに安心して乗ってもらいたい」など理由は様々だとは思いますが、そのような方であれば今回紹介しているブレーキテクニックを試すことができます。
ですが、記載しているブレーキテクニックは緊急時には使えませんのでご了承ください。

※2、ブレーキパッドなどの消耗部品は、急ブレーキなど強い力でペダルを踏むと消耗が激しく、逆に弱い力でブレーキを踏み続ければブレーキパッドの消耗は遅くなります。

※、「交通ルール」「運転マナー」を守って無理のない運転を心掛けてください。
危険を伴う運転は「トラブル」「事故」等の原因になりかねません。
当サイトは記載内容による「トラブル」「事故」等の責任は一切負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング