×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 燃費向上・節約運転 ≫ デイライトで安全と問題点
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
デイライトで安全確保と問題点
デイライトとは、バイク(二輪車)やタクシー、バス、トラックなどが昼間ライトをつけている行為で「昼間点灯」ともいいます。
(注意※1)
(余談※1)


デイライトの一番の効果は、他の車や歩行者に自分をアピールしてその存在にいち早く気づいてもらうのです。

目立つとことは良くも悪くも注意を引くので事故防止になりますし、ドライバー自身も目立っているということで安全運転になります。




<問題点>
・電球の寿命
長時間のライト点灯は電球の寿命を縮めることになります。
そのためタクシーやバスなどはデイライト用のLEDライトを後付している車両もあります。


・バッテリーの使用
ライトを点けるということは電力を消費しており夜間走行と同じ状態になります。
バッテリーの寿命を縮めたり、バッテリー上がりの原因となります。


・ライト消し忘れ
ライトの消し忘れと思われパッシングを受けたり、駐車時の消し忘れでバッテリー上がりの危険性があります。
(余談※2)


・光量の変化
後付けデイライトでない場合、ライトを点灯させることは夜間走行と判断するため、自光式メーターやストップランプの光量が落ちて見づらくなります。




<結論>
デイライトで事故の抑制ができるいわれていてもこれだけ問題点があると私自身オススメできるものではありません。

加えて、バイクに乗るものとしては車にデイライトをされてしまうと、バイクが目立たなくなってしまい危険性が上がってしまうのではという懸念があります。

ですが、ドライバーの考えにお任せすることになります。




<デイライトの使用>
デイライトの使用には上記の問題点を少なからず解決しなければいけません。

一番オススメなのは後付で消費電力が少ないLEDライトと別口のスイッチを取り付けることですが、別口のスイッチを取り付けると「ライト消し忘れ機能」が作動しない場合もあるので純正のライト消し忘れ機能に同調するように取り付けることが必要となります。


または「エンジンON」と同時に作動する電気系統に取り付けることです。
そこに別口のスイッチとLEDライトを取り付け、たとえLEDライトのスイッチがONであっても「エンジンOFF」と同時に消える仕様にします。


上記の後付け改造がなくてもデイライトを使用したい場合は、昼間はロービームではなくハイビームに切り替えてデイライトを使用することで、電球の寿命を縮めなくてすみます。
(余談※3)




改造にお金がかかったりするデイライトですが、安全性が向上すると言われているのは確かです。
デイライトを使用するかどうかはドライバー次第です。



メニューリスト
カテゴリー
インフォメーション
余談
※1、欧米や海外ではデイライトの義務化が進められていると聞いたことがあります。
日本ではタクシーやバス、電車などが義務化されているわけではありませんが会社ぐるみでの取り組みが行われています。

※2、ライト消し忘れ警告音と共に一定時間後にライトが消える機能が備わった車もありますが、どの車に備わっているかは定かではありません。

※3、バイクはエンジン始動と共にライトが点くので、昼間運転する場合は常にハイビームにすることで、ロービーム電球の寿命を少しでも長くできます。
注意
※1、バイクの場合、保安基準で常時点灯が義務付けられているので消灯スイッチはなく、エンジン始動と同時にライトが点灯するので昼間であればデイライトとなります。

※、「交通ルール」「運転マナー」を守って無理のない運転を心掛けてください。
危険を伴う運転は「トラブル」「事故」等の原因になりかねません。
当サイトは記載内容による「トラブル」「事故」等の責任は一切負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング