×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 車の不具合・異音 「車の不具合や走行中の異音を探究し、故障個所を把握します」
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
車に起こりうる不具合・異音を探しだす
昔の車は構造がシンプルだったため故障診断も簡単に発見することができましたが、今の車は燃費向上や環境のための電子制御化が進むことで構造が複雑となり、故障診断には高いレベルが必要となっています。

そのため故障診断からの修理は難しく、自動車整備士でも故障原因を間違えることがあります。

しかし毎回同じ車を運転しているドライバーであれば、車を不具合を感じ取ることができますし、特に異音に関しての修理には、ドライバーの感覚や問診が必要となってきます。


ここに掲載されている『車の不具合・異音』は、あくまでもアドバイスとして「そのような不具合が考えられる」程度で考えてください。

鵜呑みにして部品交換を行ったからといって、不具合個所が治るとは限らないからです。
メニューリスト
故障原因探究
不具合現象を正しく把握して故障原因を探究していきます。


各種センサー、スイッチ不良
各種センサースイッチの不具合が燃費に影響してきます。


振動
車の「振動」はその周波数から種類分けされ、共振から大きな振動へと変化。


騒音、ノイズ
「騒音」「ノイズ音」は、ドライバーを不快な気分にさせます。


ピストン、リング不具合現象
ピストンに不具合があると、オイル上がりなどが発生してしまいます。


スパークプラグの色、目視点検
目視によるスパークプラグ点検で、どのような不具合か判別します。


エンジン冷却水(LLC)漏れ
冷却水が漏れることによってエンジンオーバーヒートの危険性があります。


ディーゼルエンジン黒煙、白煙
ディーゼルエンジンの不具合は多種多様あり、個人での特定は難しいです。


バックファイヤーの推定原因
エアクリーナー側に爆発音と炎が飛び出す現象がバックファイヤーです。


クラッチの滑り・異音
クラッチの不具合は運転に支障をきたし、燃費にも影響してきます。


ディファレンシャルの異音
駆動方式によって異音が異なり、発見は難しいです。


トランスミッションのギヤ鳴り
シフトチェンジの際に起こりやすいのがトランスミッションの不具合です。


アフターファイヤーの推定原因
マフラー側に爆発音と炎が飛び出す現象を、アフターファイヤーです。


サスペンションの振動と種類
振動はサスペンションが受け、受けた力は様々な振動で車体へ伝わります。


ディスクブレーキの振れ
ブレーキング中のペダルが波打ったり、車が左右に振れたりします。


タイヤの振動・振れ・ノイズ
路面からの衝撃をキックバック、振れなどをハンドルへと伝えてます。


タイヤの異常摩耗(偏摩耗)
「空気圧」や「アライメント」に異常があるとタイヤが偏摩耗してしまいます。
注意
※、ここで記載されている内容はあくまで参考程度と考え、ご自身での修理等は避けてください。
それほど故障診断は難しく、「作業ミス」「診断ミス」によるトラブル、事故等の責任は一切当サイトは請け負いません。
知恵袋・Hatena等について
当サイトの文章の転載については原則禁止ですが、知恵袋・Hatena等の回答であれば、当サイトへの配慮とリンクを加えた場合のみ許可するものとします。
詳しくは利用規約をお読みください。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング