×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 燃費向上・節約運転 ≫ 左右ウインカーのタイミング
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
周りへの意思表示、左右ウインカーのタイミング
ウインカー(方向指示器)のタイミングというのは、自動車教習所で学んだように「右左折の30メートル手前から」「車線変更なら3秒前」と決まっていますが、それらを守っているだけで満足してはいけないのがウインカーのタイミングです。
(余談※1)

周りの車に迷惑をかけずに、そして同乗者に不愉快な思いをさせないドライバーになるには、ウインカーのタイミングというのは大切になってきます。
(余談※2)


ウインカーのタイミングで一番重要となるのは、車のハンドルを切る前にウインカーをつけることです。

これは周りの車に「右左折」「車線変更」「停車」などを行うから、「ハンドル(ステアリング)を切ったり」、「ブレーキを踏みますよ」と意思表示ができます。




<ウインカー意思表示なし>
ウインカー意思表示のなしのブレーキだと、後続車は何も考えずに同じようにブレーキを踏みながらついていきます。

そして前車のブレーキが右折だったとわかると、後続車は車線変更のタイミングを失ってしまい、そのままブレーキを踏みながら前車に対して不愉快な思いをしてしまいます。
(注意※1)




<ウインカー意思表示あり>
ウインカー意思表示があれば、後続車はブレーキの前に「車線変更」「避ける準備」など次の行動に移ることができます。

例えば片側2車線道路で右折レーンがない場合、なかなか右折はできません。

ここで早めにウインカーなどの意思表示をしておけば、後続車は「ここはなかなか右折できないからな」と車線変更を始めるので、たとえ右折が難しい場所であっても後続車はスムーズな流れを作ることができます。
(余談※3)


ウインカーでの意思表示は、「後続車や周りに車に迷惑をかけない」「道路のスムーズな流れを止めない」為にも必要なことです。




<最悪のウインカータイミング>
「ウインカーのタイミングが悪い」「意思表示する気もない」、これはドライバーとしてのマナーがかけてます。

下記で紹介するような、ウインカーの使い方は絶対にしないでください。


・曲がると同時にウインカーをつける
ハンドルを回す動作に重ねてウインカーをつけているのでしょうが、これで事故を起こした場合、第三者からひと言で罪が全部降りかかる場合があります。


・信号が変わると同時にウインカーをつける
これが右折レーンがない場所での右折のだったら最悪です。
右折車両がいないことを確認して並んでいる車もありますし、後続車両が動けなくなる場合もあるので、最悪クラクションを鳴らされてもしかたありません。


・車線変更に合わせてウインカーをつける
車線変更は譲り合いで行うので、適切な車間距離を保っている車の間に入る場合は先にウインカーをつけなければ不愉快な思いをさせてしまいます。



メニューリスト
カテゴリー
インフォメーション
余談
※1、30メートル手前といわれてもなかなか間隔としてわかるものではありません。
一度「交差点前30メートル手前はこのぐらいだ」と決めて歩いてみてください。

※2、「ウインカーを出さない人がいる」「ウインカーのタイミングが遅い」など、ネット上のクレームで意外にもウインカーの話がよくあります。
女性からのクレームも多いみたいなので運転の際は注意が必要です。
そしてウインカーは出しましょう。
同乗者の運転経験でウインカーのタイミング等で「イラッ」としたことがあると、あなたの運転マナーを指摘されるかもしれません。

※3、右折レーンがないと、なかなか簡単には右折できません。
そういったときは「早いかな?」なんて思う50・60メートル手前からウインカーの方が後続車には喜ばれます。
注意
※1、トラックは普通乗用車と違い簡単には止まりません。
ウインカー意思表示なしで急にブレーキを踏み始めるとトラックドライバーはビックリ&不愉快な思いをします。
最悪、ブレーキが間に合わずに追突される可能性もあります。

※、「交通ルール」「運転マナー」を守って無理のない運転を心掛けてください。
危険を伴う運転は「トラブル」「事故」等の原因になりかねません。
当サイトは記載内容による「トラブル」「事故」等の責任は一切負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング