×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 燃費向上・節約運転 ≫ 信号でライトを消すことでの効果
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
信号待ちでライトを消すことで得られる効果
大型トラックやSUVなどの車高(ヘッドライト位置)が高い車のドライバーが、信号待ちでヘッドライトを消してくれる方がいます。
(注意※1)

「前車のドライバーが眩しいだろう」、「曲がってきた車がライトの光で歩行者が見えないかもしれない(歩行者蒸発現象)」等の理由で信号待ちでヘッドライトを消し、スモールランプのみにしてくれているのだと思います。

事実、セダンやクーペなどの車高が低い車のドライバーからしたら大変ありがたいことです。
夜間でなおかつ信号待ちという車間距離が近い状態ですので、ミラーからの光は強く感じ、最近はHIDを使用している車も多いからです。


しかし、さほど車高(ヘッドライト位置)が高い車ではないセダンや軽自動車などでヘッドライトを消し、スモールランプに切り替える人を見かけます。

そこで、ここではヘッドライトを消すことでの「メリット」と「デメリット(リスク)」を紹介していきます。




<バッテリーの消耗を防ぐ
車の夜間走行は、皆さんが思っている以上に電力を消費しています。

同時に充電も行っていますが、ヘッドライト、カーステレオ、カーナビ、エンジン等が電力を消費しています。


そこで十分な充電ができない状態にあるアイドリング(信号待ち)で、なおかつヘッドライトの光をさほど必要としない状態(信号待ち)でヘッドライトを消すことは、バッテリーへの負担を減らすことができます。


普段の「走行距離が少なく」「夜間走行が多い方」は、バッテリーの充電不足になりがちです。
「バッテリー上がりで困るよりは・・・」と思われて信号待ちでライトを消すことは、ドライバーとして考え抜いた策だといえるでえしょう。




<電球の寿命を縮める>
ヘッドライトの「ON」「OFF」を繰り返すことによって、ヘッドライト球の寿命を縮めていることになります。
(余談※1)

電球は無料ではありませんし、整備ができない方は交換工賃が必要となってきます。
高いヘッドライト球ともなれば、安いバッテリーと同じぐらいの値段がします。
(余談※2)




<電気系統の寿命を縮めてるかも
自動車メーカー側もヘッドライト(ON/OFF)の使用頻度が高いことは考えていますが、信号毎にとは思ってはいないでしょう。

シビアな使い方はオススメできませんし、電気系統に良好とはいえません。
(しかし上記に関連した修理経験は今までにありません)




<ヘッドライトレンズが黄ばむ>
余談に近いのですが、「走行中は風で冷却されるが停車中はヘッドライト球からの熱でレンズ部分が黄ばむから」と信号待ちでライトを消す人もいるようです。

たしかに内部からの黄ばみもありますが、「走行中」「停車中」どちらも夜間走行なので、それほど熱に敏感にならなくても大丈夫なような気がします。


加えて、樹脂製(プラスチック)レンズは紫外線による黄ばみが主な原因です。
レンズには紫外線カットのコーティングがされていますが、それが年数と共に剥げ黄ばみが発生します。

なので信号待ちでライトを消すことと、ヘッドライトレンズが黄ばむのは直接大きな関係はないと思われます。




信号待ちでヘッドライトを消すで得られる効果は、どちらも正しいと言えるのと同時に、確実とは言えないところが難しいところです。
ドライバーとして自分と車に合った運転方法を選んでください。
(注意※2)
(余談※3)



メニューリスト
カテゴリー
インフォメーション
余談
※1、ヘッドライト球は、その使用時間より「ON/OFF」の回数が消耗を促しているように感じます。
あくまで私の余談ですが・・・

※2、自動車用品店などで購入できる安い電球は「アタリ」「ハズレ」があるとは思うのですが、使用できる期間が極端に短いです。(経験、実証済み)
購入する際には、なるべく高い電球を選ぶことをオススメします。

※3、私としては、信号待ちでライトを消すことでのメリットがあまりにも少なく、ライトのつけ忘れなどリスクが大きくなってしまうのでオススメはしません。
注意
※1、夜間ヘッドライトを消す行為は違反とされています。
取り締まりはありませんが(無灯火は別)信号待ちでも同様のことが言えますので、一応注意として記載しておきます。

※2、信号待ちが終わり走行しているにもかかわらずライトを点け忘れている車を見かけることがあります。
無灯火で警察に捕まるのはもちろん事故では不利になりますので、信号待ちでライトを消す方はON/OFFを忘れずに。

※、「交通ルール」「運転マナー」を守って無理のない運転を心掛けてください。
危険を伴う運転は「トラブル」「事故」等の原因になりかねません。
当サイトは記載内容による「トラブル」「事故」等の責任は一切負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング