×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ ア行 ≫ アフターファイヤー
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
アフターファイヤー
アフターファイヤーとは、エンジン内部で燃焼しきれなかった燃料が未燃焼ガスとして排出された瞬間、マフラーの熱などに引火して爆発、燃焼する現象です。

減速時に発生するケースが多いです。


・意図的なアフターファイヤー
パワーを得るためのチューニングとして燃料の噴射量を濃くした場合か、バイク等でイグニッションを意図的に「ON/OFF」を繰り返さないと、アフターファイヤー、バックファイヤーは起こりません。

またチューニングパーツとして、アフターファイヤーの炎を意図的に出し続けるパーツも販売されています。



・故障によるアフターファイヤー原因
アフターファイヤーは、シリンダー内部への噴射燃料が濃い場合か、スパークプラグの失火で燃料がそのまま排気ガスとして排出された場合に発生することが多いです。

未燃焼ガスが排気系統で爆発することでわかるように、エンジンに大きな負荷がかかり故障の原因ともなります。



・一般的な勘違い
マフラー排出口から出る炎を「バックファイヤー」と勘違いしている人が多いですが、アフターファイヤーであってバックファイヤーではありません。



ア行
カテゴリー
インフォメーション
注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング