×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 車の不具合・異音 ≫ ディスクブレーキの振れ
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ディスクブレーキの振れ
ディスクブレーキの振れは、ブレーキング中のペダルが波打ったり、車が左右に振れたりします。



<ディスクローター>
ディスクブレーキローターは、ブレーキの使用方法や摩擦係数が異なるブレーキパッドなどを使用すると削れてしまい、厚みが減ったり偏摩耗による「歪み」が発生することがあります。



・歪みの原因
事故など外力によってディスクブレーキが変形したり、ローターの硬さが不均一だったりすると「偏摩耗」したり、「ゆがんだり」します。

ブレーキピストンが固着したり、異物によって摺動不良を起こした時にブレーキを引きずったりすると、ディスクローターが「焼けゆがむ」ことがあります。

ブレーキパッドを限度以上に使用すると、パッド裏側の押さえ板(裏金)がディスクローターに接触し、「ひっかき傷」や、ローターを「削る」ことがあります。



・不具合、症状
ブレーキペダルを踏むと、上下に脈を打っているようなキックバックがあります。

ブレーキパッドの減り(消耗)が速くなります。

ブレーキ鳴きの原因になります。

ブレーキング時のフィーリングが悪くなります。

ブレーキの効きが甘くなります。

ブレーキが片利きします。



・修理方法
ディスクローターを基準値内(「1mm」以内)で削り修復を行うか、新品のディスクローターに変えることで、不具合の症状が治ります。

しかしコスト的に考えると、消耗部品でもあるディスクローターを削り再使用するよりは、新品に交換した方が良いと言えます。



余談
※、ありません。
注意
※、ここで記載されている内容はあくまで参考程度と考え、ご自身での修理等は避けてください。
それほど故障診断は難しく、「作業ミス」「診断ミス」によるトラブル、事故等の責任は一切当サイトは請け負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング