×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 自動車ディーラーの利用方法 ≫ 12ヶ月法定点検 (一年点検)
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
12ヶ月法定点検 (一年点検)
車検から一年後に行う定期点検が「12ヶ月法定点検(一年点検)」です。

12ヶ月法定点検には「法定点検」や「定期点検」などの言葉が織り込まれていますが、必ずしも点検整備を行わなければ違法になるわけではありません。

車の点検整備で法律的に必要となるのは「24ヶ月法定点検(車検)」だけです。
(余談※1)


ドライバーに12ヶ月法定点検、または車検の時期を知らせるために、フロントガラス左上の「丸ステッカー」が貼られています。
(注意※1)




<12ヶ月法定点検(一年点検)でのディーラーの利用方法>
省略されてしまうと12ヶ月法定点検は「6ヶ月定期点検」と大差ありません。
しかしそれでは12ヶ月法定点検の意味がありませんので、6ヶ月定期点検と同じようにガンガン注文をつけていきましょう。


・燃焼関係
スパークプラグ」と「エアクリーナーエレメント」の点検・清掃を行ってもらうために、「最近、燃費とパワーが落ちたような気がする」でOKです。


・ゴム関係
24ヶ月法定点検以外では忘れられやすい「ドライブシャフトブーツ」や「ブッシュ類」の点検を重点的にしてほしいと思ったら、「新車年数も経って走行距離も多いが、ゴム類は大丈夫?」でOKです。

ただ24ヶ月法定点検で検査員がチェックしているので、よほど気にならなければゴム類の点検は後回しにして、他の気になる点検箇所を重点的に利用した方が無難だといえます。



・工場の点検作業場が見えない
車の作業現場が確認できるような店舗であればタイヤを外さないなどの手抜き整備は行われることはありませんが、もし見えない店舗であれば、そこは手抜き整備士の独壇場です。

時間短縮のため12ヶ月法定点検でタイヤを外さないなどをさせないように、先ほど6ヶ月定期点検の内容を加えていきましょう。


・ブレーキ関係
先ほどの6ヶ月定期点検以上にブレーキ回りを点検してほしければ、「最近ブレーキの効きが弱くなった感じがする」「ブレーキを踏んだ時の感覚が変わった感じがする」でOKです。

これで「ブレーキフルードの量」から「マスターシリンダーの状態」「ブレーキホース」「ブレーキキャリパー」「ホイールシリンダー」「ブレーキパッド」や「ブレーキシュー」まで、液漏れや摩耗がないかなど、調べてもらえます。



・省略された12ヶ月法定点検(一年点検)点検項目
エンジンルーム点検 室内点検
エンジンオイル点検(有料で交換)
・ベルト点検、調整
・バッテリー点検
バッテリー液補充
・LLCの量、補充
・ウォッシャー液補充
オートマチックオイル(ATF)点検
スパークプラグ点検
エアクリーナーエレメント清掃
・ブレーキフルード量点検
マスターシリンダー液漏れ点検
・パーキングブレーキレバー(サイドブレーキ)の引きしろ、調整
足回り点検
・タイヤの空気圧調整
タイヤの残り溝点検
タイヤローテーション
タイヤホイールバランス調整
ブレーキパッドの残量点検
ブレーキシューの残量点検
ホイールシリンダー液漏れ点検
下回り点検
オイル漏れ点検
エキゾーストマフラー点検
ブレーキホースの漏れ、損傷点検
・ドライブシャフトブーツの点検
外回り点検 その他
ワイパーゴムの拭き取り点検
・ウインドウウォッシャーの噴射位置点検、調整
・レンズの割れ点検
ライト点灯点検
フロントガラスコート(有料)

リストの取り消し線が「省略」「手抜き」される確率が高い点検箇所です。

ディーラーへの注文が多くなりすぎないように、ピンポイントで攻めていくことをオススメします。



<12ヶ月法定点検(一年点検)の点検個所>
エンジンルーム点検 室内点検
・エンジンオイル点検(有料で交換)
・ベルト点検、調整
・バッテリー点検
・バッテリー液補充
・LLCの量、補充
・ウォッシャー液補充
・オートマチックオイル(ATF)点検
・スパークプラグ点検
・エアクリーナーエレメント清掃
・ブレーキフルード量点検
・マスターシリンダー液漏れ点検
・パーキングブレーキレバー(サイドブレーキ)の引きしろ、調整
足回り点検
・タイヤの空気圧調整
・タイヤの残り溝点検
・タイヤローテーション
・タイヤホイールバランス調整
・ブレーキパッドの残量点検
・ブレーキシューの残量点検
・ホイールシリンダー液漏れ点検
下回り点検
・オイル漏れ点検
・エキゾーストマフラー点検
・ブレーキホースの漏れ、損傷点検
・ドライブシャフトブーツの点検
外回り点検 その他
・ワイパーゴムの拭き取り点検
・ウインドウウォッシャーの噴射位置点検、調整
・レンズの割れ点検
・ライト点灯点検
・フロントガラスコート(有料)

12ヶ月法定点検は、24ヶ月法定点検までの一年間を安全に走行できるようにと6ヶ月定期点検に比べ点検個所が多く、作業時間も1時間と長くなっています。



余談
※1、法律的には12ヶ月法定点検は必要ありませんが、一年も経てば車もそれなりの点検が必要です。
最低でもエンジンオイルは一年に一度は交換しなければなりませんし、その他の点検整備箇所を自分で車整備できないのであれば、最寄りの整備工場で12ヶ月法定点検を受けることをお勧めします。
注意
※1、最近では丸ステッカーに6ヶ月定期点検の時期を表示している店舗があります。

※、記載内容を利用できない自動車ディーラーや、点検料金をプラスしてくる店舗があるかもしれません。
点検前に確認して御利用ください。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング