×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 自動車ディーラーの利用方法 ≫ フロントガラスコート
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
完璧なフロントガラスコート
フロントガラスコートとは、車の車体にかけたワックスのような水弾きをコーティング剤を用いてフロントガラスをコーティングし、水弾きを良くするものです。
(余談※1)



<フロントガラスコートでの自動車ディーラーの利用方法>
フロントガラスコートの作業工程を飛ばすような手抜き整備士が一番恐れているのが、上司に手抜きがばれることです。

そこを最大限利用して、「前回ガラスコートしてもらったが油膜がすごくて雨の日の運転が大変だった」でOKです。


この一言を付け加えることによる完璧なフロントガラスコートとの違いを楽しんでみてください。




<フロントガラスコートの作業工程>
「油膜取り」
油膜取り剤とエアツールを使用してフロントガラスに付着している油膜を取り除きます。
この油膜取りの度合いによってフロントガラスコートの仕上がりと、持続性が決まるとも言えます。
(余談※2、3)


「コート剤」
フロントガラスをコーティングし水を弾くようにします。

自動車ディーラーやプロが行うガラスコートでは、コート剤とその後の仕上げ剤と別々に使用します。
カー用品店で市販されているガラスコート剤は、このコート剤と仕上げ剤の間に位置するものです。


「仕上げ剤」
コート剤に上塗りしてワイパーゴムや水滴の滑りをよくします。

コート剤だけでもガラスコーティングはできているのですが、コーティングの効き目が強すぎて雨の日にワイパーゴムを動かすと「ビビり音」がしてしまいます。

そのため仕上げ剤でガラスの滑りを良くして、このビビり音が発生しないようにしているのと、仕上げたガラスコートを持続させる働きがあります。



余談
※1、ガラコなどフロントガラスの水弾きをアピールするテレビCMを見たことはないでしょうか。
フロントガラスコートは油膜取り剤を使用してからのガラスコーティングなので、水弾きが長続きします。

※2、本来は油膜取り剤を使用しフロントガラスの油膜を取り除くのですが、維持費節約のため家庭で行いたければ、家庭用の食器洗剤でもガラスの油膜を取り除くことができます。
その後、新聞紙など油分がないもので拭き取り、市販されているコーティング剤を塗れば家庭でフロントガラスコートができます。

※3、ワイパーゴムの油膜も取るとフロントガラスコートが長持ちします。
ただしワイパーゴムはその名の通りゴムなので、油膜を取るだけでは劣化を促進してしまいます。
ワイパーゴム用のコーティング剤を用いて、ワイパーゴムの滑りを良くしてください。
(注意※1)
注意
※1、家庭で油膜取りを行う場合、最初に洗車をしてフロントガラスについた砂埃などを取り除いてください。

※、記載内容を利用できない自動車ディーラーや、点検料金をプラスしてくる店舗があるかもしれません。
点検前に確認して御利用ください。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング