×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ プロ洗車方法 ≫ 洗う順番から洗い方
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
洗う順番から小キズを誘導する洗い方
洗車は洗う順番を考えないと一度洗った所を再度汚してしまい、洗い方を間違えると、車のボディーに小キズを付け水垢を溜めることになります。



<洗う順番>
水は上から下へと流れるので、基本は上から洗います。
しかしその前に、ボディーに溜まった泥や汚れをできるだけ洗い流し、ボディーの冷却を行っている間にタイヤを洗うことで効率的に作業を行います。


1、汚れを流す
水や高圧洗浄機ボディーに積もった汚れを流します。
この時も上から下へと水を流していきます。


(2)、車内清掃
フロアマットの土埃などが風でボディーに付着するのを警戒すると、洗車を行う前、もしくは別美に室内清掃するのが適していると言えます。
トランクの中などを清掃する場合は周りに水がないほうが良いので、水を使う前に作業を行います。


2、タイヤを洗う
水でボディーの熱が冷めるのを待つ間、そして汚れが飛び散っても問題ない最初にタイヤを洗います。


3、洗う順番
「ルーフ(天井)」 → 「ボンネット」 → 「トランク」 → 「バンパー」 → 「フェンダー」 → 「各ドア上部」 → 「各ドア下部」

上から下へと順番に洗い、部位毎に水で洗い流していきます。




<洗い方>
どのような優れた道具を使用しようとも、必ず洗車でスポンジやタオルを使用することで小キズが入ります。

そこで小キズを誘導することによって、雨水などの流れを誘導していきます。


・動かし方
スポンジの方向常に一定の方向にスポンジなり動かし、丸い円などを作らないようにします。
(余談※1)
洗車キズが円を描いている人は、スポンジの方向が原因です。


・洗う方向
方向は常に「風の方向」、「水の流れる方向」を意識してスポンジを動かしていきます。

「天井」 = 「フロントからリヤへ」
「ボンネット」 = 「フロントガラスからバンパーへ(上から下)」
「トランク」 = 「リヤガラスからバンパーへ(フロントからリヤ)」
「フェンダー・ドア」 = 「上から下へ」

これで小キズの方向性から水を誘導することができ、水がボディーに溜まらず下へと流れやすくなります。



余談
※1、スポンジに方向性をつけるために、新品のスポンジ上部に矢印を記入することで忘れずに作業できるためオススメします。
注意
※、プロの自動車整備士による洗車方法ですが、あくまで車に詳しい方の洗車方法だと思って参考にしてください。
ここで記載されている内容での「作業ミス」「トラブル」等の責任は一切当サイトは請け負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング