×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ プロ洗車方法 ≫ 洗車の小キズ、ひっかき傷
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
洗車の小キズ、ボディーのひっかき傷
車が古くなるにつれて「洗車による小キズ」、「爪によるひっかき傷」、「カギ傷」など様々なキズが付きます。
車のボディー、ドアノブ、鍵穴などを確認すると、ボディーの小キズが確認できると思います。

この様々な小キズを目立たないようにしたり、消していきます。



・コンパウンドの使用
ボディーの傷を目立たなくするためにはコンパウンドの使用が必要不可欠ですが、塗装を薄く削って目立たなくしているだけなので、深いキズなどは消えるわけではありません。

そのため爪で引っかかるような深いキズは、コンパウンドでは取り除くことはできません。


コンパウンドは「細目(薄い)」ものから作業を行い、どうしてもキズが取れなかった場合には「粗め(濃い)」のを使用してください。

長期間車を乗りないのであればコンパウンドの多用は避けるべきで、使用するのであれば「細かい(薄い)」物を使用するべきです。



・ポリッシャー、バフの使用
プロが使用するようなポリッシャー、バフの使用は別ページに記載しますが、素人が使用するには難しい工具です。

キズ取り作業を楽にすることはできますが、失敗すると取り返しのつかないキズや塗装を痛めることになります。

そのためキズを目立たなくするためだけにポリッシャー、バフの使用は避けるべきだと考えています。
鉄粉取りや磨き、コーティングに至る全てのボディーメンテナンスをする際に、ポリッシャーやバフを使用するべきです。



余談
※、ありません。
注意
※、プロの自動車整備士による洗車方法ですが、あくまで車に詳しい方の洗車方法だと思って参考にしてください。
ここで記載されている内容での「作業ミス」「トラブル」等の責任は一切当サイトは請け負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング