×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ ハ行 ≫ ピストンリング
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ピストンリング
ピストンリングとは、ピストンとシリンダーの間に隙間があると、爆発圧力などが抜けてしまい、大きなエネルギーが得られません。
そこでピストンリングがその隙間を埋め、気密性を高めることで圧力を抜けないようにしています。

その他、熱伝導を利用して、ピストンに溜まってしまう熱をシリンダーブロックへと伝えています。


・種類
「コンプレッションリング」
ピストンの「トップリング」「セカンドリング」に使用されており、エンジンオイルの「オイル上がり」、「オイル下がり」を防ぐと同時に、シリンダー内の圧力が抜けないようにしています。



「オイルリング」
密閉性を高めるためにエンジンオイルの油膜を利用していますが、蓄積するとエンジンの熱で塊に変化することがあります。

そこでシリンダー内の油膜が切れないように少量のエンジンオイルをオイルリングに溜め、シリンダー壁に薄い油膜を作っていると同時に、かき落とした余分なオイルを、ピストン内部に作られた「オイル逃がし穴」に送っています。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング