×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ ハ行 ≫ ハイドロプレーニング現象
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ハイドロプレーニング現象
ハイドロプレーニング現象とは、タイヤの溝(トレッド)には排水効果がありますが、水溜りなどの上を走行することによって排水性の限界を超え、タイヤが水の上に浮いてしまう現象のことをいいます。

このような状態になると、「ハンドル操作」も「ブレーキ」も効かなくなり、大変危険な状態となります。



・発生要因
「排水性が悪い路面」による水溜り、「タイヤの摩耗」、「タイヤ空気圧」、「スピードの出し過ぎ」など、ハイドロプレーニング現象が起こるには様々な要因があります。



・対称方法
ハイドロプレーニング現象で一番の対称方は、何もしないこととされています。

ハンドル操作もブレーキも利かない状態なので何もできないとも言えますが、ハイドロプレーニング現象が起きる要因としてスピードの出し過ぎもありますので、アクセルを徐々に戻す必要があるとは思われます。

また同乗者に現状を伝え、事故に備えてもらう必要があります。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング