×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 車のトラブル・手抜き整備 ≫ フロントガラスコート
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
油膜取りが重要フロントガラスコート
フロントガラスコートとは、車の車体にかけたワックスのような水弾きをコーティング剤を用いてフロントガラスをコーティングし、水弾きを良くするものです。
(余談※1)



<フロントガラスコートの作業工程>
「油膜取り」
油膜取り剤とエアツールを使用してフロントガラスに付着している油膜を取り除きます。
この油膜取りの度合いによってフロントガラスコートの仕上がりと、持続性が決まるとも言えます。
(余談※2、3)


「コート剤」
フロントガラスをコーティングし水を弾くようにします。

自動車ディーラーやプロが行うガラスコートでは、コート剤とその後の仕上げ剤と別々に使用します。
カー用品店で市販されているガラスコート剤は、このコート剤と仕上げ剤の間に位置するものです。


「仕上げ剤」
コート剤に上塗りしてワイパーゴムや水滴の滑りをよくします。

コート剤だけでもガラスコーティングはできているのですが、コーティングの効き目が強すぎて雨の日にワイパーゴムを動かすと「ビビり音」がしてしまいます。

そのため仕上げ剤でガラスの滑りを良くして、このビビり音が発生しないようにしているのと、仕上げたガラスコートを持続させる働きがあります。




<フロントガラスコートでの手抜き整備>
フロントガラスコートは上記の3工程を行いガラスコーティングをするのですが、全ての工程を行うと非常に時間がかかるため「作業工程」「作業時間」を減らし、時間短縮を行うなどの手抜きが行われます。


・油膜取りを手早く行う
上記に記載しているように、ガラスコートの仕上がりは「油膜取りで決まる」といっても過言ではありません。

そのためエアツールの速い動きを利用し油膜取りをするのですが、「油膜取り剤の量」が多かったり「傾ける方向」が悪ければ、油膜取り剤がボディーへと飛び散ってしまい軽い洗車が必要になってきます。

そのためエアツールを使用せず、ウエスで手早く油膜取り工程を終わらせる整備士もいます。



・油膜取りをしない
「エアツール」「ウエス」で油膜取りをするにしても油膜取り工程には「時間」と「労力」が必要になってきます。

そのため油膜取り作業を省くため、ワイパーを動かし「油膜の度合いを調べ」、必要ないと判断したら、コート剤と仕上げ剤を上塗りして終わらせてしまうのです。



・油膜取りを省くことによる不具合
油膜取り作業を手抜きしてしまうと、油膜の上にコーティングを施すこととなり、数回雨が降るとコーティングが流れてしまいます。

そして油膜の上に上塗りされたコーティングが新たな油膜となり、視界の妨げとなります。



余談
※1、ガラコなどフロントガラスの水弾きをアピールするテレビCMを見たことはないでしょうか。
フロントガラスコートは油膜取り剤を使用してからのガラスコーティングなので、水弾きが長続きします。

※2、本来は油膜取り剤を使用しフロントガラスの油膜を取り除くのですが、維持費節約のため家庭で行いたければ、家庭用の食器洗剤でもガラスの油膜を取り除くことができます。
その後、新聞紙など油分がないもので拭き取り、市販されているコーティング剤を塗れば家庭でフロントガラスコートができます。

※3、ワイパーゴムの油膜も取るとフロントガラスコートが長持ちします。
ただしワイパーゴムはその名の通りゴムなので、油膜を取るだけでは劣化を促進してしまいます。
ワイパーゴム用のコーティング剤を用いて、ワイパーゴムの滑りを良くしてください。
(注意※1)
注意
※1、家庭で油膜取りを行う場合、最初に洗車をしてフロントガラスについた砂埃などを取り除いてください。

※、ここに掲載されている内容は、ごく一部の症例です。
全ての自動車整備士が、このような手抜き整備を行っているわけではありません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング