×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ サ行 ≫ シリンダーヘッド
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
シリンダーヘッド
シリンダーヘッドとは、シリンダーブロック上部に設置されており、エンジンを構成する重要な装置です。


・構成
「燃焼室」
「動弁機構(バルブ)」
スパークプラグ穴」
インテークマニホールド
エキゾーストマニホールド
「ウォータージャケット」
オイル通路」

などがシリンダーヘッド内に設けてあり、エンジンが作動するにあたって重要な機構が組み込まれています。



・過流
燃焼室に設けた過流室の半円を少し小さくすることで、圧縮工程の際に空気の流れを作り、混合気と空気が良く混ざるような強い過流を発生させています。

「スキッシュ」 = 「圧縮による過流」
「スワール」 = 吸気による「横渦」
「タンブル」 = 吸気による「縦渦」



・種類
「オーバーヘッドタイプ」
現在主流のヘッドタイプで、シリンダーヘッド内にバルブ機構があり複雑となりますが、燃焼室がコンパクトになり、火炎伝播距離が短いのが特徴です。


「サイドバルブタイプ」
バルブ機構がシリンダーブロック側にあり、バルブ機構が簡単です。
エンジンの全高が低く、剛性が高いです。
火炎伝播距離が長いですが、振動や騒音が小さいのが特徴です。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング