×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ サ行 ≫ サーモスタット
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
サーモスタット
サーモスタットとは、エンジン冷却水(LLC)の流れを制御するもので、水路の開閉によって温度調整を行ってます。

サーモスタットの開閉は、約「80〜85℃」で開き始め、全開に開くのは一般的に「95℃」とされています。



・冷間時
エンジンが冷えている時はラジエーターへの水路を閉じており、冷却水温が適温まで上がるのを待ちます。


・温間時
冷却水が適温となりサーモスタットの設定温度を超えると冷却水通路を開け、冷却水をラジエーターへと送り、温度が適温に保たれるようにしています。



・ジグルバルブ
冷却水交換後のエア抜きや、冷却水通路中に残ったエアーを抜くためのエア抜き孔です。
交換時には必ずジグルバルブが上に来るように取り付けます。



サーモスタットの開弁温度は取り付け位置によって異なり、「入口制御式」と「出口制御式」があります。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング