×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 中古車の選び方 ≫ 外車より日本車がオススメ
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
外車より日本車がオススメ!!その理由など
自動車整備士をしていると、「自動車ディーラー」「自動車メーカー」に関係なく色々な車を点検・整備してきました。

今までの自動車整備士としての私の経験から言わせてもらうと、車は「日本車(国産車)」が一番です。
よって外車(輸入車)の購入を考えている方は、ここに記載内容を読んで考え直してください。
(あくまで一個人の考えです)



<外車の見た目(デザイン)に騙されるな>
たしかに外車は「斬新的なデザインと質感」があり、日本車を見慣れてしまった日本人には魅力的ではあります。

しかし車種によってはドアを開けた時に3〜4段階程度しか保持できず、日本車のように任意の位置にドアを止めることができません。




<外車の運動性能(安定性)に騙されるな>
外車を試乗した時に説明されるであろう「運動性能」。

「カーブや高速走行時の安定性」が良い、「ブレーキングが違う」などの話があるとは思いますが、それはセッティングの違いやお金をかけている場所が日本車とは違うだけです。


日本は海外とは違い高速走行する場所が少ないですし、日本人は「年間走行距離」と「一回の走行距離が短い」のも関係してきます。

それに加えて日本車は車が傷まない程度(日本仕様)にセッティングし、その分のコストを安くしていると聞いたことがあります。


「日本仕様」があるとことは「海外仕様」の国産車があります。
海外仕様(お国に合わせたセッティング)は高速走行に対応するための「補強」+「セッティング」があるので、日本で売られている日本車は日本仕様になっていると考えてください。




<外車の安全性のイメージに騙されるな>
・外車は車同士の事故を想定
外車の多くに「強くて頑丈なイメージ」があるのは、海外は「車同士の事故が多い」ことから車を強く頑丈にしていので、「外車は頑丈」というイメージは間違ってはいません。


・日本車は歩行者との事故を想定
日本は「車同士の事故」より「歩行者との事故」が多かったため、交通事故の際の安全性を「歩行者」に向けて造られています。

衝突時には車ではなく「搭乗者」と「相手(歩行者、もしくは相手の車)」を守るような構造になっています。


・同等の安全評価
それでも今では日本車も外車と同じレベルの「安全評価(安全基準)」をいただいています。

それでも安全なのは外車だとは思いますが、それは搭乗者に関してです。
歩行者など、相手のことを考えた上での安全は日本車です。


「安全」をどのように捉えるかは人それぞれですが、できれば「双方の安全を考えた日本車」を選んでもらいたいです。
不必要な重荷を背負わないためにも車選びは大切です。




<外車は維持費が高い>
私の様な作業が容易な日本車ばかり点検・整備していると、外車の整備で「なんて造りが悪い(整備しにくい)車なんだ」と頭にきます。
そんな造り(構造)しているから日本車に比べ比較的壊れやすいんだと思ってしまいます。
(余談※1)

・日本の湿気に耐えられないのか「電気系統のトラブル」が多い。
・オイル漏れの頻度(再発率)が高い。
・構造(造り)による整備性が悪い。
(余談※2)
・部品を発注してから届くまでが長い。
・部品代が高い。
(外車なので仕方ないですが物によっては国産品の2倍から4倍)


これに加えて日本車では考えられないような部品を定期的に交換しないといけないなど、その仕様に驚かされます。
(余談※3)
(注意※1)



余談
※1、外車に乗っている整備士に聞いたところ外車は壊れやすくオイル漏れがひどいとのこと、整備士なので修理することもありますが基本オイル漏れはしかたないらしいです。

※2、一番驚かされたのがパワーウインドウのモーター交換です。
殆どの日本車はドアの内張りを外すことでパワーウインドウのシステムが見え交換ができます。
外車(一部)では、ドア外の鉄板を外すことでパワーウインドウのシステムが見え交換ができるようになっていました。
そのドア外の鉄板を外すのに一部内張りを外さなければいけないという不思議さに驚きました。

※3、ブレーキローターというのはそれほど簡単に削れるものではなく、日本車では(一部の車種を除く)10万キロ以上の走行で交換するかしないかのレベルです。
それが外車(一部メーカー)では、ブレーキパッド2回に1回交換しないとブレーキの効きが甘くなる車種がありました。
しかもその車両は大衆車でスポーツカーではありません。
注意
※1、私の様な一般整備士が取り扱う外車は低価格帯車両だったり、年式が古い車両だったりします。
最新の高級車等ではあてはまらないことがあります。

※、ここに記載されている内容は、中古車営業マンに聞いた話や車業界で働いている経験を基にしていますが、記載内容の判断はお任せいたします。
当サイトは一切責任を負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング