×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 中古車の選び方 ≫ 車は「前期」より「後期」を選ぼう
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
車は「前期」より「後期」を選ぶ理由
自動車には「フルモデルチェンジ」と「マイナーチェンジ」があることはご存じだと思います。
中古車であれば「マイナーチェンジ後の後期」を購入することをオススメします。


・フルモデルチェンジ
フルモデルチェンジとは、車名など「シリーズ名」自体は変わらずに「デザイン」や使用している「エンジン」などが一新され、「New○○デビュー」や「新型○○デビュー」などテレビCMが行われます。



・マイナーチェンジ
マイナーチェンジとは、車のデザインなど全体的には大きく変わらず、少しだけ「内装」や「外装」など「車の仕様」が変わります。

車の「前期」「後期」とは、マイナーチェンジのことです。
(余談※1)
遠目から同じ車に見えるようで「レンズの形」や「内装パネル」が若干違った車を見かけるのは「マイナーチェンジ後の車」だからです。

フルモデルチェンジ時とは違いテレビCMも少ないことから、いつマイナーチェンジしたかわからないこともあります。


一般的な自動車メーカーの周期的には、4、5年に一度「フルモデルチェンジ」、2、3年程度のペースで「マイナーチェンジ」が行わることが多いです。




<購入するならマイナーチェンジ後の後期>
前期と後期の差は少しですが、たった少し「改善」「改良」されたマイナーチェンジですが、これらの改善点が後々大きな差となってきます

・「内装」「外装」のデザインを前期を超える評価がもらえるように改善
・車両の「構造」「システム」などを改良
・前期オーナーの声を採用
自動車整備士の声を参考に改善


このように後期はクレーム(異音や振動の原因)などの「問題点を改善」したり「改良を加えたり」しているため、車の総合的な「性能アップ」から「評価」が高くなります。


車は安い買い物ではないですし「車が欲しいな」ぐらいの感覚で中古車購入を検討しているのであれば、良質な後期車がでてくるまで待っておくこともできますし、車の総合的な評価としても高くなるのでオススメです。



余談
※1、自動車メーカーによってはマイナーチェンジを繰り返し行い販売している車種もあります。
そのため「前期」「後期」に分けることができず「年式」による区別をしたりもします。
注意
※、ここに記載されている内容は、中古車営業マンに聞いた話や車業界で働いている経験を基にしていますが、記載内容の判断はお任せいたします。
当サイトは一切責任を負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング