×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 中古車の選び方 ≫ 中古車を納車したら査定へ
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
中古車を納車したその足で査定へ
中古車購入を検討している方が一番心配になるのが、その中古車が事故車(修復歴有り)であるかどうかです。

事故車(修復歴)の見分け方を参考に購入した車をチェックした方もいるかもしれませんが、やっぱりここは一度プロにチェックしてもらいましょう。

リンク先の記載内容にある「事故車と判明したら全て返金する」と署名をしてもらっているのであれば、ここでのチェックは大切です。




<中古車を納車したらその足で査定へ>
中古車を納車したその足で「査定のチェック(事故車、修復歴)項目が多く、厳しい(勉強をしている)」中古車ディーラーや、有名な中古車販売店に行き買い取り査定をしてもらいましょう。


・中古車の下回りチェック
必ず査定に立ち会い、可能であれば「リフトで車を上げてもらい」ついでに下回りのチェックを行いましょう。



・点検、整備、修理が必要な個所をチェック
立ち会い査定では、不明な点があれば「質問」をして「修理・修復が必要な個所」がないか聞くことで点検もしてくれます。

理由は「査定を少しでも上げるために修理、交換するかも」とでも言っておけばOKです。

それで「修理が必要な個所」「交換が必要な個所」がわかれば、中古車購入時の「保証(保険)」で「無料修理、交換」ができ、無駄な出費を防ぐことができます。



・事故車(修復歴あり)か教えてもらう
事故車であれば査定が終われば教えてくれることですが、確認のため聞いてください。
その他「板金塗装」跡がないかチェックするようにお願いしておけば、厳しくチェックした後教えてくれます。

ここで事故車(修復歴有り)ではないと知ることで一応は「安心」できますし、事故車(修復歴有り)と判明したら購入した中古車販売店へ「クレーム」をいいに行きましょう。



・中古車の適正価格を知る
「買い取り査定」は「下取り査定」より安く、中古車業者も「安く買い」「高く売る」ことで儲けをだしているので、必ずしも中古車を購入した際の金額になるわけではありません。

それでもある程度の査定額がわかり、逆に販売する時の値段を聞いて教えてもらえることがでれば、購入時の車体価格に近付くかもしれません。




上記のように購入した中古車を査定に持っていくだけで、様々なメリットがあります。
中古車を購入した際はできるだけ早く査定に行くようにしてください。



余談
※、ありません。
注意
※、ここに記載されている内容は、中古車営業マンに聞いた話や車業界で働いている経験を基にしていますが、記載内容の判断はお任せいたします。
当サイトは一切責任を負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング