×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 中古車の選び方 ≫ 中古車購入時の注意点
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
中古車購入時の見積もり販売店の注意点
選んだ中古車の「諸経費」等を込めた乗り出し価格の「見積書」、ここに中古車購入時の注意点があります。


中古車販売店の基本は「安く買い取って高く売る」、そして「諸経費で稼ぐ」ということを忘れないでください。

そのため中古車ショップでは「車体だけ購入」することはできません。




<中古車の価格表示>
そして中古車ショップで表示されている価格には、主に2パターンあります。


・諸経費や点検・整備費用が含まれた値段
中古車ディーラーや良心的な中古車販売店が割高に価格設定しているのは、表示価格にある程度の「諸経費」や「点検・整備費用」など必要経費が含まれていることら少々割高になります。
(注意※1)


中古車ディーラーであれば「点検・整備時の費用」、「交換部品代」まで含まれていることもあるので、中古車をチェックした時に「これは交換してほしい」などと頼むことでかなりお得になることもあります。
(余談※1)


中古車販売店であれば「乗り出し価格」ではないにしろ、そのごの「諸経費」に「不必要な経費」が含まれていないなどがあります。
それでも必ずその見積書があっているか確認する必要はあります。



・車両価格を表示している
注意しておきたいのがこの「車両価格」のみを表示している店舗です。
中古車販売店は「諸経費で稼ぐ」必要もあるので、客を見て「諸経費」を上げるなどあくどい店舗もあります。

・点検整備費用
・書類作成(印紙代)
・車庫証明代行費用
・車庫証明費用
・登録代行費用
・登録費用
・車検代行費用
・車検整備費用
・自動車税
・自賠責保険
・リサイクル費用
・重量税
・納車準備費用

など、「名を変え」「形を変え」考えられない「諸経費」を提示して儲けをだしている中古車販売店があります。

このような中古車屋は「安い価格表示で客を呼び」、「諸経費で儲ける」といった商売をしています。




上記のことから、中古車販売店で提示された「乗り出しまでの価格(見積書)」は、絶対に調べる必要があります。

「他にも狙っている客がいる」など営業マンの言葉に騙されずに自宅に戻り、冷静になって「見積書」が正しく請求されているか調べてください。



↑ 中古車雑誌などで有名な「カーセンサー」です。
ネットを利用して「見積もり書を作る」こともできるので、「騙されないための見積書」を作ることも可能です。


ネットや雑誌で中古車を探している時に、「高い」ということでその中古車や中古車屋を謙遜するのではなく、判断は「見積書」で行ってください。



余談
※1、無料交換に含まれていない部品もあるので確認が必要となりますが、「ベルト」「バッテリー」など事前に言っておくことで無料交換の対象になります。
その他、色々と話を聞き出すことによって納車後の保証でクレーム交換してもらえる部品を教えてくれます。
注意
※1、中古車販売店によって含まれている内容は異なります。

※、ここに記載されている内容は、中古車営業マンに聞いた話や車業界で働いている経験を基にしていますが、記載内容の判断はお任せいたします。
当サイトは一切責任を負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング