×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 車の豆知識&知っ得情報 ≫ ナンバープレートボルトの錆び
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ナンバープレート留め具の錆び
フロントナンバープレートの留め具に使用されているボルトの多くは、防錆加工が施された鉄のボルト(ネジ)が使用されていますが、野外駐車場など車を外に駐車することが多いと、ナンバープレートの留め具として使用されている鉄ボルトが錆てしまうことがあります。


一度ボルトが錆びてしまうと雨水などで徐々に錆びが流れ、ナンバープレートの表面を伝って流れ落ちていきます。
ナンバープレートボルトの錆び
そして最終的には、ナンバープレート表面に、錆びの流れた後(錆びの涙)をつくり、大切な車の見た目を悪くしてしまいます。
(右の写真のようになります)


・対策
鉄製のボルトより錆びに強く(錆びない)、そして容易に入手可能なステンレスボルトに交換することをオススメします。



・鉄製ボルトとステンレスボルトの見分け方
ホームセンターやカー用品店などの商品パッケージに材質が記載されていますが、鉄は磁石に引き寄せられ、ステンレスは磁石に反応しません。
(不安な方は、購入の際に店員に確認することをオススメします。)



・ボルトの規格
ナンバープレートのボルト規格が統一されているとは聞いたことがありませんので、ステンレスボルトを購入する前に「サイズ」「長さ」「ピッチ(ネジ山の数)」を確認し、購入する必要があります。

定規などで簡単にサイズ、長さなどを確認できますが、もし不安が残るようであれば、取り外したボルトを持ってホームセンターなどに行くことをオススメします。

ボルトのサイズを確認するためにもナンバープレートのボルトを取り外しますので、どちらも同様の手間がかかります。
(余談※1)
(注意※1)



・スプリングワッシャー(バネ座金)の購入
ボルトの緩み止めにスプリングワッシャーが使用されています。
こちらも必要となるので、ステンレス製のスプリングワッシャーを購入してください。


・本数は3本
フロントのナンバープレートに「2本」、リヤのナンバープレートは片方が封印されているので、交換できるのは「1本」です。
よって交換するボルトの合計は「3本」となります。



・ボルトの取り外し
ナンバープレートに使用されているボルトの多くは、ドライバーでも取り外すことができるように十字の溝がありますが、脱落防止のため容易に取り外しはできません。
10mmのソケットを使用し、ボルトの外側から力を掛け取り外すようにしてください。
(注意※1)



・ナンバープレートの清掃
取り外したナンバープレートを綺麗に清掃します。
特に錆びが流れた跡がある方は、綺麗に拭きあげてください。

液体コンパウンドなどの使用は避けてください。
ナンバープレートの白に色にムラができてしまうのでオススメできません。



上記のこのに注意し、最後にナンバープレートのボルトを締めたら交換作業は終了です。



余談
※1、ナンバープレート用の交換ボルトには、「盗難防止付きボルト」や「LEDライト付き」など少々面白い物もあるので、ちょっとしたドレスアップにも利用できます。
注意
※1、ボルトが錆びていると、ボルトの頭がねじ切れることがあります。
こうなると取り除くのが難しくなるので、ボルトが錆びており、取り外しに不安がある方はディーラーなどに行って、お願いして取り外してもらうことをオススメします。

※、記載内容の判断はお任せします。
記載内容によるトラブル等の責任は一切当サイトは請け負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング