×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ タ行 ≫ ドラムブレーキ
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ドラムブレーキ
ドラムブレーキとは、ブレーキペダルを踏むことによって発生する油圧を利用した、ブレーキ方式の一種です。
ブレーキドラム
タイヤと一緒に回転する「ブレーキドラム」を、ドラム内部に組み込まれた「ブレーキシュー」を押しつけることによって、ブレーキングを行います。


普通乗用車であれば後輪ブレーキに使用されたり、サイドブレーキ(パーキングブレーキ)として利用されたりしています。

トラック、バスなどでは、前輪ブレーキに使用されていることもあります。



<長所>
「自己倍力作用」によって、弱い力から強い制動力(ブレーキ力)を発生させることができます。



<短所>
放熱作用が「ディスクブレーキの1/3」となるためフェード現象が起こりやすく、ブレーキ内部に水が入った時などは、制動力の回復や、水の乾きが悪いとされています。




<ブレーキシュー>
ブレーキシューは、ライニングの貼り付け土台のことを指します。
ライニングは図を見るとわかるように、直進(回転)方向によって貼り付けている位置が異なります。

これによりブレーキング時の「カックン」とした動きを防止しています。
ドラムブレーキ
・プライマリーシュー、(図赤、左上)(図赤、右下)

・セカンダリーシュー、(図赤、左下)(図赤、右上)


ドラムの回転方向によってブレーキシューの呼び名が変わり、図のように左回転の場合、左側を「リーディングシュー」、右側を「トレーリングシュー」といいます。
しかしドラムの回転方向が逆になると、呼び名も逆になります。


ブレーキシューは、ブレーキドラムの回転による「自己倍力作用」によって、ブレーキシューの圧着力が増加します。




<自己倍力作用>
ブレーキドラムの回転にブレーキシューを押しつけることで、ブレーキドラムがブレーキシューを回転方向に引き込もうと(食い込もうと)するモーメントが発生します。
このモーメントの作用によって、ブレーキシューがブレーキドラムに当たる力(摩擦力)が増加し、自動的にブレーキ力を増加させることができます。

このことを「自己倍力作用(セルフエナージング作用、セルフサーボエフェクト)」といいます。




<構成部品と役割>
・シューリターンスプリング
ホイールシリンダーの油圧で外側に押し出したブレーキシューを戻します。


・シューホールダウンスプリング
ブレーキシューを、バッキングプレートに押さえてつけます。


・テンションスプリング
ブレーキシューをつなげ、引き戻します。


・トーションスプリング
パーキングブレーキを戻した時に、シューレバー、アジャストレバーが戻るようにしています。


・パーキングブレーキシューレバー
パーキングブレーキワイヤーを取り付けます。


・アジャストレバー
逆ネジの自動調整機構の要です。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング