×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ タ行 ≫ ディファレンシャル
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ディファレンシャル
ディファレンシャルとは、最終減速装置(ファイナルギヤ)を含めた差動装置(ディファレンシャルギヤ)のことを指します。

最終減速装置(ファイナルギヤ)で、入力された回転は約「1/4」程度になります。



<構成部品>
・ファイナルギヤ(最終減速装置)
「ドライブピニオン」と「リングギヤ」で構成されています。


・ディファレンシャルギヤ(差動装置)
サイドギヤとディファレンシャルピニオンで構成されています。




<役目>
・ファイナルギヤ(最終減速装置)
プロペラシャフトから伝えれれてきた「回転」を「90度方向転換」させる装置であり、「力(トルク)」を「増大」させる役割があります。


・ディファレンシャルギヤ(差動装置)
カーブなどで左右タイヤが同回転だと、片方のタイヤがスリップを起こしてしまうため、円滑に旋回時するために左右タイヤに回転差を与えます。




<減速比計算方法>
ディファレンシャルは「減速比」、トランスミッションは「変速比」です。


・ファイナルギヤレシオ
「最終減速比」 = 「リングギヤの歯数」 ÷ 「ドライブピニオンの歯数」

リングギヤの歯数「45」、ドライブピニオンの歯数「10」とした時、「4.5 = 45 ÷ 10」となり、最終減速「4.5」となります。



・トータルギヤレシオ
「総減速比」 = 「トランスミッションの変速比」 × 「最終減速比」

トランスミッションの変速比「3.0」、最終減速比「4.5」とした時、「13.5 = 3.0 × 4.5」となり、総減速比「13.5」となります。



・タイヤの回転数
「タイヤの回転数」 = 「エンジンの回転数」 ÷ 「最終減速比」




<動力伝達経路>
「プロペラシャフト」 → 「ドライブピニオン」 → 「リングギヤ」 → 「デフケース」 → 「ピニオンシャフト」 → 「ピニオンギヤ」 → 「リヤアクスルシャフト(ドライブシャフト)」 → 「タイヤ」



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング