×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ カ行 ≫ 過給機
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
過給機
過給機とは、シリンダーへと大気圧より高い、圧縮空気を送り込む装置です。

エンジンの出力を増すには、「排気量を増やす」、「充填効率を上げる」ことで可能です。

そこで「ターボチャージャー」や「スーパーチャージャー」で圧縮空気を作り出し、シリンダー内へ送り込みこむことによって充填効率を上げ、大きなパワーを生みだしています。

更に、安価で低排気量エンジンにでも簡単にパワーを得ることができ、排気量における税金対策にもなります。




ターボチャージャー<ターボチャージャー>
排気タービン式ともいわれ、エンジンの排気ガスを利用してフィンを回転させることで、同じ軸にある吸気側のフィンが回転し空気を圧縮して、各シリンダーへ送り込んでいます。


・特徴
排気ガスを利用しているので各損失が少なく、簡単に出力を上げることができます。

排気ガスを利用していることから、低回転域での作動遅れ、アクセルの動きに対してのターボラグ(遅れ)などがあります。


・構成部品
「コンプレッサーホイール
10万回以上の高回転で回転し、吸入空気に速度エネルギーを加えます。


「タービンホイール」
900℃以上の熱源である排気ガスの流れを回転エネルギーに変換し、軸上のコンプレッサーホイールに伝えます。


「センターハウジング」
コンプレッサーホイール、タービンホイールの車軸です。
高回転に耐えるため、ベアリングの間にエンジンオイルが入る「フルフローティングベアリング」が使用され、車軸が浮いた状態となります。




<スーパーチャージャー>
機械駆動方式ともいわれ、エンジンの力をベルトを介し利用してコンプレッサーを回転させ、圧縮空気をシリンダーへと送り込んでいます。
駆動力は電磁クラッチにより「ON/OFF」されています。


・特徴
作動遅れを感じさせず、低回転域からも過給が可能です。

ターボチャージャーに比べ効率が悪く、高回転域になると駆動損失も大きくなります。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング