×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ カ行 ≫ キングピンアングル
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
キングピンアングル
キングピンアングルとは、車を前から見た時の「キングピン軸」と、「路面」との傾斜角を「キングピンアングル」となります。

キングピンアングル
・キングピン軸
サスペンション上の「アッパーマウント中心」から、ロアアームのタイヤ側にある「ロアボールジョイント中心」が「キングピン軸」となります。




<役目>
キングピンオフセットキングピンアングル(角度)が大きくなることで、キングピンオフセットが小さくなるため「ハンドル操作力の軽減」、「キックバックの軽減」ができます。

キングピンアングルが「0」だと、タイヤは路面と平行となり、タイヤからの衝撃が直接キングピンアングルに伝わってしまいます。


・ハンドルの復元性
旋回後、ハンドルから手を離すと直進状態に戻る性質を、キングピンアングルをつけることで行っています。


これは旋回時だけではなく、車体が浮き沈みした時にもサスペンションの戻りを利用して、直進方向へハンドルの復元性が働きます。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング