×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ カ行 ≫ クラッチディスク
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
クラッチディスク
クラッチディスクとは、フライホイールクラッチカバー内のプレッシャープレートとの間に挟まれ、クラッチディスクへの回転(動力)はトランスミッションへと送られます。

クラッチディスクには特有のスリットが刻まれており、クラッチ「切断」時にはスリットの効力でフライホイールから自力で外れるようになっています。




<求められる条件>
・摩擦係数
摩擦係数が高くて、ぴったりはりついたりすると半クラッチができないことから、車両に適した摩擦係数が求められます。


・耐熱性
耐熱性に優れていることに加えて、温度変化による摩擦係数の変化が小さいことが必要です。


・耐久性
「摩擦係数を調整する」「耐熱性を上げる」、これらと同時に耐久性、耐摩耗性を高めることが求められます。




<ショック軽減>
・ダンパースプリング
ダンパーラバーとも呼ばれ、クラッチディスクに取り付けられたスプリング(ゴム)によって「回転方向」の衝撃を吸収します。


・クッションプレート
クラッチディスクをサンドイッチするように内部に組み込まれたクッションプレートです。
クラッチ接続時の「軸方向」の衝撃を吸収し、急激な接続時にもある程度スムーズに行えるようにしています。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング