×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ カ行 ≫ クラッチカバー
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
クラッチカバー
クラッチカバーとは、エンジンに取り付けられたフライホールと一緒に回転しており、その間にトランスミッションと一緒に回転するクラッチディスクがあります。

クラッチカバー内のプレッシャープレートとフライホイールが、クラッチディスクを挟むことでクラッチが「接続」されます。

逆にプレッシャープレートがクラッチディスクを離すことで、クラッチが「切断」された状態になります。



<求められる強さ>
エンジンの回転と一緒に回転しているクラッチカバーは常にレリーズベアリングと接触していることから、「耐摩耗性」「耐久性」「耐熱性」が求められます。

そのため接触部には「クロムメッキ」が使用され、強度を高めています。




<クラッチカバーの種類>
・コイルスプリング式クラッチ
「長所」
バネ定数を一定にクラッチを踏みこむことができます。

「短所」
部位品点数が多く、クラッチペダルの踏力が大きい(重くなる)のが難点で、クラッチディスクが摩耗してくると滑りやすくなります。
部品点数が多いため回転バランスの調整が難しくなっています。



・ダイヤスプリング式クラッチ
「長所」
部品点数が少なく、クラッチペダルの踏力が小さい(軽い)と利点もあり、クラッチディスクが減ってきても滑りにくいという利点があります。
部品点数と作りが簡単なので回転バランスが取りやすいです。

「短所」
バネ定数が一定ではなく、クラッチ踏み込み時にペダルの重さに波があります。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング