×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
CVT
CVTとは「Continuously Variable Transmission」、無段階変速機というトランスミッションの先端技術です。


今までの「AT車」は、「MT車」のクラッチを無くし自動変速に変えただけで、「1速」から「2速」というMT車と同じ動きをしていました。

それを「CVT」では無段階で変速できるようになったのです。

簡単に考えると、「1.11〜1.12.〜1.13・・・1.98・・・2.38」と細かく変速ができるようになったのです。



・長所
これら無段階で変速することによって「1速」から「2速」への変速ショックもなくなり乗り心地が向上。

車の一番の課題「燃費」も、MT車を超え「CVT」が一番かもしれません。



・短所
CVT内部の機械(エネルギー)損失が大きい。

アクセルを踏んでからの俊敏性(アクティブ性)が悪く、スタート時や加速時にアクセルを踏み込んでも一呼吸の間があります。



これから新車購入を考えており車を「CVT」か「AT」か悩んでいる方は、CVTのアクセルを踏んでからの一呼吸を試乗して確認してください。

この間が嫌いで「CVT」ではなく「AT」を選択する人もいるぐらいです。



・関連項目
燃費向上・節約運転」 ≫ 「AT,MT車の燃費の違い



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング