×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 新車購入ガイド ≫ 新車納車時の確認事項
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
新車納車時のキズ、めくれ確認事項
ついに購入した新車の納車となりますが、新車と言っても購入者の手元に届くまでに色々な人が「運転したり」「手を加えたり」しています。

そのため新車と言えど「内装」や「外装」にキズ等がないか、納車受け渡し時に確認しなければいけません。



<内装チェック>
納車時に営業マンからカーナビなどの説明があるとは思いますが、この時に内装のキズを営業マンと一緒に確認してください。

特に「カーオーディオ」「ETC」の周辺、「バックモニター」が付いているのであれば、カーナビモニターからトランクルームまでの「配線を通すための内張り」を確認する必要があります。


<チェックポイント>
・カーオーディオ周辺の「内装品」
・取り外しがありそうな「つなぎ目」の「キズ」や「凹み」
・カーナビのフィルムアンテナがあれば、フィルム内の「気泡」チェック
・バックモニターがあれば配線を通すトランクルームまでの内張りの「キズ」
・ダッシュボードの小キズを光の角度に注意して確認
・キズが簡単についてしまう天井の確認




<外装チェック>
車の車体(ボディー)のチェックも必要となってきます。

営業マンによって多少異なりますが、納車前に「洗車」や「ワックス」をしてくれる親切な方もいます。
しかし下手な洗車や洗車道具が悪ければ、塗装にキズが入ってしまいます。

「白」「シルバー」などはキズが目立たなく確認しにくいですが、「黒」や「紺」などの濃い色は納車時に確認しておかないと、後々見つけてしまうことがあります。


<チェックポイント>
・車体全体、特に「膝より下」を重点的
・純正エアロとボディーとのつなぎ目に使用している「ゴムの確認」
・アルミホイールのキズの確認
・バックモニターカメラ取り付け時の「キズ」「凹み」の確認
・ドア外端のキズ確認、特に運転席はドアの開閉が多い




<帰路でのチェック>
受け渡し時のチェックが終わったら納車は終了です。
ここからの帰路、車の状態をチェックするためにカーオーディオの使用は控え、耳を澄まして運転してください。


<チェックポイント>
・車から変な音がしないか「異音」の確認
・内装品から何かがあたっているような音「カタカタ音」がしないか確認
・カーブを曲がるときにきしむような音「きしみ音」がしないか確認


問題があるようなら、すぐに購入店へ行きましょう。



余談
※、ありません。
注意
※、ここに記載されている内容は、自動車ディーラーの営業マンに聞いた話や車業界で働いている経験を基にしていますが、記載内容の判断はお任せいたします。
当サイトは一切責任を負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング