×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 新車購入ガイド ≫ 新車販売店の選び方
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
新車販売ディーラーの販売店の選び方
「購入予定の車種」、「競合相手の車種」が決まったら、その「販売価格」と「値下げ率」を調べるために販売店(自動車ディーラー)へと行くのですが、その前にまだ調べておくことが数点あります。




<自動車ディーラーのディーラー選び>
自動車ディーラーの経営形態は大きく分けて2つあります。


・自動車メーカー直営
自動車メーカーが直接販売店(自動車ディーラー)を経営している。
多くの自動車ディーラーは、この自動車メーカー直営となります。


・経営者が自動車メーカーから販売権など提携
ガソリンスタンドやコンビニエンスストアーは企業(メーカー)の看板を掲げて販売を行っていますが、実際の経営者は異なり個人や他の経営者が行っています。

自動車メーカーも同じ経営体制で新車販売している販売店(自動車ディーラー)があります。


このような場合、双方の値引き率は同じではなく経営者の経営方針によって多少異なります。
たとえそれが自動車メーカー側から全国の新車値引き率が決まっていたとしてもです。

隣の販売店より安くしてでも新車は売りたいのが経営者です。
顧客を得ることで次の新車販売にもつながりますし、点検・整備の呼び込みも容易に行えるからです。



・販売店の親会社の調べ方
インターネットで調べれば簡単に地域のメーカー販売店がでてきます。
そこからどこに店舗を置いているかを調べていったときに埋まらない店舗がでてきたら、違う親会社が経営している店舗がでてきます。
(地域によっては重ならないところもあります)


販売店が掲げている看板でも見分けることが可能です。
○○」の中(県名か地名)が違うことによって経営者が異なります。

○○トヨタ ○○店
・トヨタカローラ○○ ○○店
・ネッツトヨタ○○ ○○店
○○トヨペット ○○店




<取り扱い車種の確認>
・チャンネル
各自動車メーカーの販売店は数個のチャンネル(種類)に分かれていることがあり、販売している車種も異なります。
(現在はトヨタと、一部メーカーと車両)

しかし一部の車種に関しては違うチャンネルで同じ車両を販売していることもあり、チャンネルが違えば経営者が違うと考えてよいので、「同じ車種であっても競合」させることができます。


・業務提携
業務提携によって同じ車両を「名前」「販売メーカー」を変え販売している場合もあります。
購入を検討している車を「名前」だけで探すのではなく、他のメーカーの取り扱い車種を調べることで、同じ車両の競合車を探すことができることもあります。




<民間整備工場の取り扱い車種>
民間整備工場には、「チャンスがあれば」と殆どの自動車メーカーの営業マンが出入りしています。
たとえ自動車メーカーの看板を掲げている民間整備工場であっても、全メーカーの車両を取り扱いとして販売することが可能です。

整備工場によっては営業マンとの繋がりが強く、下手な値引き交渉をするより安く民間の整備工場に新車をおろす店舗もあります。


値引きの最終段階に入ったときに、民間整備工場ではどのぐらいの値段で購入できるか確認してみるのも一つの手段です。



余談
※、ありません。
注意
※、ここに記載されている内容は、自動車ディーラーの営業マンに聞いた話や車業界で働いている経験を基にしていますが、記載内容の判断はお任せいたします。
当サイトは一切責任を負いません。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング