×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車研究所 ≫ 部品名称・自動車用語 ≫ ヤ行 ≫ ユニバーサルジョイント
・リニューアルによる新ページ追加&増量!!
・掲載内容に関する「注意」「余談」は右メニューに表示されます。
ユニバーサルジョイント
ユニバーサルジョイントとは、プロペラシャフトドライブシャフトなど、回転に角度が加わっても角速度変化が少なく、なめらかに動力を伝える装置です。



<フックジョイント>
数種類ユニバーサルジョイントの接続方法がありますが、多くのプロペラシャフトに使用されているのが「フックジョイント」です。


・特徴
作動が確実なうえに、構造が簡単です。
限界角度が「12〜18度」となっています。


・強度
タイヤの回転と、エンジンからの動力差を繰り返し受ける週にバーサルジョイントは、応力(ねじれ)にも強く作られており、2組のフックジョイントのヨークの抜きを同方向にすることにより、「速度変動」を打ち消しています。




<等速ジョイント>
ドライブシャフトに使用されているのが「等速ジョイント」です。


・特徴
ドライブシャフトにはハンドル操作による「左右角」と、ボディー上下による「上下角」があります。

そこで等速ジョイントという「駆動軸」と「受動軸」両方にジョイントを付け、角度変化を2つにして、角度による負荷を減らしています。

片側で最大「42度」の角度変化が可能です。



注意
※、知らずに困った車の部品名称・自動車用語を記載内容にリンクしています。
「自動車メーカー」「地方」によって違った表現もあるかもしれませんが、あくまでも個人サイトということを忘れずにお願いします。
部品名称・自動車用語
アクセスランキング